コンタクトレンズ処方

はじめてコンタクトレンズをお考えの方へ

コンタクトレンズを使用するには、 眼科専門医の診察が必要です

コンタクトレンズは視力を矯正するうえで、非常に便利なアイテムですが、医師に処方してもらう必要がある「高度管理医療機器」となります。コンタクトレンズは角膜に直接、接触するものなので、目に合わないレンズの装用、間違った使い方、ケアを怠るなどが原因で危険な側面もあります。間違った使い方をすると、角膜に傷がついたり、目に十分に酸素が供給されないなど、目の病気にかかり、失明の危険すらあります。コンタクトレンズを購入する場合は、必ず眼科専門医の診察を受け、自分に合ったコンタクトレンズを処方してもらうことが重要です。また、適切な使用方法を指導してもらいましょう。


コンタクトレンズのメリット・デメリット

コンタクトレンズは、視力を改善する方法として非常に便利なものですが、使い方を間違うと危険なものでもあります。ご使用になられる前にメリット・デメリットをきちんと理解してから使用を開始しましょう。


コンタクトレンズのメリット

優れた光学性

近視の強い方は、メガネのレンズが厚くなり、実際よりも物が小さく見える、物が歪んで見えるといったマイナス面があります。それに比べてコンタクトレンズは、眼に直接密着させるため、そのようなこともなく、左右の視力に差があっても、楽に見ることができます。

不正乱視の矯正

不正乱視は、メガネでは矯正できない非常に微細な乱視です。この不正乱視でも、ハードコンタクトレンズを使用すれば、矯正することができます。

広い視野が確保できる

メガネはフレームがあるため、その部分は遮られて視野が狭くなります。コンタクトレンズはフレームに邪魔されることもなく、裸眼と同じ視野を得ることができます。

度数の変化に容易に対応できる

近視が進行して眼の度数が変わると、使用しているメガネやコンタクトレンズが合わなくなってきます。度数が合わなくなった場合は、自分に合ったレンズに変更することができますので、環境の変化に容易に対応することができます。コンタクトレンズの度数を変更する場合は、再度眼科専門医の診察を受け、適切な度数のレンズに変更しましょう。

コンタクトレンズのデメリット

眼の病気の危険性

眼に直接密着させるコンタクトレンズは、使用方法を誤ると様々な眼の病気を引き起こす危険な面を持っています。非常に便利なコンタクトレンズですが、その便利さに慣れてしまうと、眼にとって危険であることを忘れがちですので、使用方法を守り、定期的に眼科を受診して眼のケアを心がけることが大切です。

レンズのケア

コンタクトレンズで最も面倒なのが、日々のレンズのケアでしょう。コンタクトレンズの利便性に慣れてくると、レンズのケアも怠りがちになります。しかし、汚れたレンズを使用し続けると、眼障害の原因になります。眼の健康を守るためにも、きちんとレンズのケアすることが重要です。

装用が出来ない方

眼の状態によってはコンタクトレンズが装用できない方もいます。ドライアイ・結膜炎などの症状がある方は装用が出来ません。また、発育途上の子供が装用すると、様々な影響が出てくる可能性がありますので、注意が必要です。

コンタクトレンズの危険性を理解しておきましょう

使い捨てのソフトコンタクトレンズが発売されたのが1991年で、そこからコンタクトレンズが急速に普及しました。現在、コンタクトレンズの利用者は、全国で1500万人~1800万人にものぼり、国民の10人に1人が利用している計算になります。

ここまで、急速に普及したのは、レンズのケアが容易になったことや、量販店の価格競争、インターネット販売の普及などが背景にあります。

コンタクトレンズの利用者が急増したのと比例して、コンタクトレンズによる眼の病気を訴える利用者も増加しています。コンタクトレンズによる眼障害の原因は、利用者側と処方する医師側、そして販売者側に問題があると考えられます。

利用者は、コンタクトレンズが高度管理医療機器であるという認識が薄く、正しい使用方法、レンズのケア、そして最も大切な定期検査を怠っていることが推察されます。また、処方する医師ならびに販売者が、正しい使用方法やケア方法を適切に指示していないことがあります。処方する医師は、眼科の専門知識を持った眼科専門医、そして販売者側はコンタクトレンズ販売営業管理者による適切な販売が不可欠です。最近では、インターネットを通じてコンタクトレンズを販売する業者が増加していますが、医師の処方箋無しで販売しているケースがあり、こういった販売方法も問題の一つであると考えられます。

コンタクトレンズは、非常に便利なものですが、使用方法を間違えると大切な眼を傷つけることになります。ご自身の眼の健康を守るためにも、使用方法を守り、定期的な眼科検診を受診しましょう。