ドライアイ

ドライアイとは、涙の量や質が変化して、角膜や結膜に傷がついてしまう病気のことです。ドライアイになると、目が乾くといった症状以外にもさまざまな不快な症状があらわれます。また、10秒間目を開いた状態を保つことができない場合も、ドライアイの可能性が高いといわれています。症状が重くならないうちに、眼科で治療を受けることが必要です。

ドライアイの原因

ドライアイとは、涙が不足したり、成分が変化して質が悪くなることによって、目の表面に障害が生じる状態をいいます。涙はまばたきによって薄い膜となり、目の表面を覆って乾燥あるいはゴミや細菌などから目を守ってくれていますが、ドライアイになると涙液が正常ではなくなるために目の表面を十分に保護できなくなり、目が乾いて傷がつきやすくなるのです。

涙の量の異常(涙液減少型ドライアイ)

私たちの目は、刺激を受けたり、乾いたりすると、反射的に涙を流して涙の膜を安定させようとします。つまり、正常な状態だと、一時的に目が乾いても、すぐに目が潤うしくみができているのです。しかし、涙液減少型ドライアイでは、『目の刺激→神経伝達→涙の分泌』というシステムに異常があり、目が乾いても涙が分泌されにくくなります。

涙の質の異常(蒸発亢進型ドライアイ)

涙は多層構造になっていて、私たちの目を守っています。これを涙液層といい、涙を目に定着させるムチン層、栄養を与えて角膜を保護する涙液層(水層)、水分の蒸発を防ぐ油層の3つの層で構成されていて、この涙の膜が目の表面を覆うことで乾燥を防いでいます。蒸発亢進型ドライアイでは、涙膜の油層を作っているマイボーム腺という組織に異常があり、油層が十分に分泌されず、涙が蒸発しやすくなります。この症状をマイボーム腺機能不全と言い、ドライアイ症状の約8割以上を占めていると言われています。また、VDT作業などでまばたきの回数の減少、エアコンなどの送風・湿度の低下などの生活環境によっても涙が蒸発しやすくなります。

BUT短縮型

最近では「BUT短縮型」という新しいタイプのドライアイが見つかっています。通常、まばたきの後10秒以上は涙が目の表面を覆っていますが、このタイプは、目を開けてすぐに、涙の層が崩れてしまうため、乾きの症状が非常に強くなります。原因についてはよくわかっていませんが、比較的若い年齢でも見られることが特徴です。

ドライアイの目の状態

さまざまな理由により涙を正常に目にとどめられなくなったドライアイの目では、ドライスポットという、涙膜の薄くなった部分ができてしまいます。この部分は涙で守られていないため、異物やまばたきの時の摩擦などの影響を受けやすく、角膜の表面が傷つきやすくなります。

ドライアイの治療法と対策

ドライアイを完全に治す治療法は、現在ありません。治療は、点眼薬の使用によって涙の安定性を高めることにより、角膜の傷を修復することが基本となります。ドライアイの治療に使われる点眼液には、涙に近い成分を持つ人工涙液や保水効果を持つヒアルロン酸ナトリウムを配合した点眼液があります。ヒアルロン酸ナトリウム点眼液は、角膜の傷を早く修復する作用もあります。点眼薬のほかに、乾燥予防や風が直接目に当たらないようにするために、ゴーグルタイプのドライアイ用メガネを使用することもあります。重症の場合は、涙の排出口の部分にシリコン製の栓をして塞ぎ、涙が目の表面にとどまるような外科的療法を行うこともあります。

気になったら、まず眼科で涙の量と質をチェック

眼科では、涙の量を調べるシルマー試験や、涙の質を調べるBUT検査をして、ドライアイであるかを調べることができます。

普段から気をつけること

周囲の環境によって、涙が蒸発しやすくなり、目が乾きやすくなることがあります。特に、パソコン、エアコン、コンタクトレンズの使用状況を改善することは、ドライアイの症状を和らげるのに効果的です。

コンタクトレンズを使用している方は…

コンタクトレンズを使用している方は、していない方に比べて目が乾きやすくなります。次の注意点を守って、正しく使いましょう。

・装用時間を正しく守りましょう
・目が乾きやすい状況では装用時間を減らしましょう
・コンタクトレンズは常に清潔に保ちましょう
・目に異常を感じなくても、定期検査は必ず受診しましょう
・少しでも異常を感じたら、すぐに眼科医の診察を受けましょう