眼瞼下垂

眼瞼下垂とは、様々な原因で上眼瞼(上側の瞼)が正常な位置よりも低くなってしまう(目が十分に開ききらない)病気のことを言います。黒目の上側が少し隠れる程度の場合が大半ですが、場合によっては外見が悪くなったり、物の上側が見えづらくなったりすることがあります。軽度の場合は本人も周囲も気が付かないことが多いですが、重度の場合は突然視界が見えづらくなることもあり、転倒や運転ミスの危険にさらされることになります。また、無理して瞼を開けようとすると頭痛や肩こりなどの症状が出ることがあります。重症化する前に適切な治療を行うことが大切です。

眼瞼下垂の原因

稀に先天性の場合もありますが、ほとんどは加齢が原因で起こります。歳を重ねるにしたがって瞼の筋力が落ち、また皮膚がたるんでくるため、上まぶたが徐々に下がっていきます。
なお、通常は高齢者にみられる病気ですが、最近は30代、40代の若い人も発病することがあります。若い人が眼瞼下垂になる原因はハードコンタクトレンズの長期的な利用、あるいはパソコンやテレビゲーム、テレビなどによる目の酷使です。化粧をする女性の場合は、目元のメイクをし過ぎることで原因となることもあります。

眼瞼下垂の症状

実際に視野が狭くなったと感じる前に、肩こりや頭痛、倦怠感などが出ることがあります。これは無意識のうちにまぶたを持ち上げようとすることにより交感神経が刺激され、体が常に緊張した状態になるためです。また、まぶたを挙げようとするために、おでこにしわが出来ます。
その後軽まぶたが重く感じる、目が開きにくくなるなどの視覚に関する自覚症状が現れます。最初のうちはごく軽度な症状でも、放置するとやがて完全に目が開かなくなったり、極度なさかさまつ毛が出来たりすることもあります。
該当する症状がある場合は、早目に病院で治療を受けてください。

眼瞼下垂の治療方法・注意点など

眼瞼下垂には先天性眼瞼下垂と後天性眼瞼下垂があります。先天性の場合は、年を重ねるごとにだんだん目が開けるようになることもありますので、軽度の場合にはいきなり手術をしようとするのではなく、まずは経過観察をします。3歳になっても症状がある場合は、手術を行います。ただし、全く目が開かない場合は2歳以下でも手術をすることがあります。
後天性の場合は切開手術を行います。ゆるんだまぶたを持ち上げて固定します。場合によっては保険が効くこともありますが、その場合の治療は5万円~10万円程度です。切開手術の場合は術後数日で痛みが出ますが、1カ月もすれば傷跡が薄くなり、まぶたが無理なく開くようになります。ただし、医師の腕に結果が左右されやすく、腫れや傷みが残ることもあります。
より安全なのは埋没式挙筋前転法という治療法です。メスを使わない(切らない)手術であるため、手術にかかる時間も少なく痛みや腫れなどの心配も少ないというメリットがあります。

眼瞼下垂の予防には、普段から目の健康を意識して生活することが重要です。コンタクトレンズを長期間使用したり、テレビゲームやパソコンなどでモニターを長時間凝視したりするのはよくありません。適度な休憩を取り、目が疲れた時は休憩を取ることが大事です。また、まぶたを触りすぎるのも良くありません。コンタクトレンズを外す際にまぶたを触る癖がある人は、今すぐ辞めましょう。メイクを落とす時に、目の周りをゴシゴシ洗うのもいけません。まぶたも目の一部です。十分なケアが大切です。