加齢黄斑変性症

加齢を重ねるとともに、網膜の黄斑という部分が障害される病気を、加齢黄斑変性といいます。

人間の網膜の中心にある1.5mm~2mm程度の小さな黄色い部位を黄斑(おうはん)といいます。黄斑の中心には中心窩(ちゅうしんか)と呼ばれる部位があり、光を感じ取る光受容細胞が最も多く分布しています。

黄斑は大変小さな部位ですが、ここには光を感じ取る機能が凝縮されているため、黄斑に何らかの障害が起きると、たとえそれ以外の網膜に異常がなくても視力は著しく低下します。年齢を重ねると網膜色素の上皮の下側に老廃物がたまり、それが視力を阻害します。

加齢黄斑変性症の原因

加齢黄斑変性は大きく分けて、委縮型と滲出型の2種類があります。滲出型では網膜のすぐ外側に新しい「良くない血管」が出来、この血管が黄斑にダメージを与えます。この血管は正常の欠陥と比べて弱く、血管から液体が漏れ出やすいという特徴があります。滲出型では急激に視力低下を引き起こすこともあります。

  
委縮型は、黄斑の組織が加齢とともにだんだん縮んでいく現象です。歳を重ねるとともに黄斑は少しずつ小さくなっていきます。視力もそれに従って徐々に下がっていきますが、短期間の間に急激に視力が低下することはありません。そのため、なかなか自分では気が付きにくいという特徴があります。

発生要因は加齢、タバコ、高血圧、ストレスなどです。

加齢黄斑変性症の症状

黄斑が変化すると、網膜がゆがむため、直線が曲がって見えるようにあります。黄斑部が障害されているため中心部は歪んで見えますが、周辺部は障害されていないので、周りの背景は正しく見えます。

さらに症状が進むと、今度は中央部分が見えなくなります。最初のうちは視界の中心に黒い点のようなものが見えるだけですが、症状が進むと見えなくなる部分がだんだん大きくなります。委縮型と滲出型では滲出型の方が症状が重症化しやすく、場合によっては失明することもあります。男性と女性では男性の方が3倍ほど患者数が多いといわれています。年齢的には50歳代から増加し始め、年を重ねるごとに症状も重くなります。

加齢黄斑変性症の治療方法

委縮型の加齢黄斑変性については、現在のところ治療方法はありません。その分ストレスや喫煙などの、病気の発生要因をなくすことが大事になります。

滲出型の場合はいくつかの治療方法があります。代表的な治療方法は薬物療法です。前述の「良くない血管」を発生させる「VEGF」を阻害するためのVEGF阻害薬には様々な種類のものがありますが、現在認可されているのはジェン、ルセンティス、アイリーアの3種類です。いずれも一定のペースで目に注射をします。

光線力学的療法が有効な場合もあります。ビスダインという光感受性物質を点滴してから出力の弱いレーザーを照射します。以前は「良くない血管」を取り除いたり、黄斑を移動させたりするような手術がありましたが、最近はより有効でリスクも低い薬物療法や光線力学的療法が確立されているため、手術はほとんど行われません。ストレスが多い生活をしている場合は生活習慣の見直しをし、喫煙者はなるべく禁煙し、高血圧の場合は運動や食事療法で血圧を下げるといいでしょう。また ビタミンC、ビタミンE、βカロチンが含まれた食事には加齢黄斑変性を予防する効果があります。野菜や魚中心の食事を心がけると良いでしょう。

ⅰPS細胞で世界初の手術

再生医療研究・新たな段階に・ⅰPS細胞で世界初の手術

患者の皮膚細胞をもとにしたiPS細胞から作ったシートを患者に移植する手術が臨床研究として初めて行われた。臨床研究は網膜が傷ついて視力が急激に低下する難病の加齢黄斑変性症の女性に行われ、本人の皮膚から作ったiPS細胞を網膜細胞に変化させ、シート状にして移植したという。加齢黄班変性は、ものが歪んで見えたり、中心が暗く見えることなどが症状としてみられ、病気が進行すると失明する恐れもあるという。現在国内患者は推定で70万人おり、失明原因の第4位となっている。

世界初の手術に対して、TV取材を受けた冨田院長のコメント

世界初のIPS細胞による加齢性黄斑変性症の手術が報道された2014年9月12日。冨田実アイクリニック銀座・冨田実院長は、News23の取材に対して、「成功すれば加齢黄斑変性を根本的に治すことができる第一歩となる」と将来への期待をコメントした。