網膜円孔

網膜とは・・・?

網膜は、眼球の最も内側にある厚さが約0.2mmの透明な膜です。細かく分類すると全部で10の層から構成されており、カメラでいえば、フィルムの役割を果たしています。
外部からの情報は、角膜から入り、水晶体、硝子体を通って網膜に到達します。網膜には、光・色・形を感知する視細胞があり、光の情報を受け取ると、それを電気信号に変換する重要な働きをしています。変換された電気信号は、網膜に張りめぐらされている視神経を通って、脳に伝達されることで、私たちは初めて物を見ることができます。

網膜円孔とは

網膜円孔とは、その名の通り、網膜に丸い穴が開く眼の疾患です。網膜に弱い部分がある場合や、加齢によって起こることが多い病気で、放置すると網膜剥離になる可能性があります。特に、近視の方は眼球が前後に伸びていることから、網膜が引っ張られ、薄く弱い部分ができやすいため、網膜円孔が起こりやすい傾向にあります。

網膜円孔の原因

「加齢が原因で起こる後部硝子体剥離による網膜円孔」

眼球は、硝子体というゼリー状の組織で満たされており、眼の内部から眼球を形作る役割を担っています。硝子体は、99%の水分の中に含まれている線維状の組織によってゼリー状に保たれていますが、加齢とともにサラサラとした液体に変化してきます。これを硝子体変性と言います。硝子体変性は、症状が進んでくると、硝子体の容積が減り、硝子体と網膜の後方部分が離れる後部硝子体剥離が起こります。これは、加齢によって起こる生理的な現象ですが、後部硝子体剥離が起こる際に、網膜が弱くなっている部分や硝子体と網膜との癒着が強い部分に亀裂や穴が生じることがあります。後部硝子体剥離は、40歳〜50歳以降に起こるため、これによって生じる網膜円孔は中高年に起こります。


「強度近視が原因で起こる網膜円孔」

近視が強いと眼球の長さ(奥行き)が長くなります。網膜が、その伸長に合わせて引っ張られると、薄く弱い部分ができ、その部分に網膜円孔が起こることがあります。そのため、近視が強い方は、網膜円孔が起こりやすい傾向があり、比較的若い年齢層に多く見られます。


「網膜格子状変性が原因で起こる網膜円孔」

もともと網膜に弱い部分があると、その部分が徐々に薄くなり網膜格子状変性が起こります。網膜格子状変性は、網膜が破れてはいないが破れそうな状態のため、経年変化でさらに網膜が薄くなると網膜円孔に発展することがあります。


「先天性の網膜円孔」

もともと局所的に小さい範囲で網膜に弱い部分があると、単発で網膜円孔が起こる場合があります。

いずれの網膜円孔も、網膜剥離になる原因の一つで、発見された時には穴の周囲に多少の剥離が起こり始めているケースが殆どです。

網膜円孔の症状

網膜円孔の代表的な症状としては、「飛蚊症」や「光視症」などがあります。視界のなかに黒い点やゴミのようなもの見える飛蚊症、光が当たってないのに光を感じる光視症は、どちらも加齢や近視から生じる硝子体混濁が原因で起こるものもありますが、見えるものが急に変化した時は特に注意が必要です。網膜円孔を放置しておくと、穴の部分から硝子体の水分が入り込み、網膜剥離を引き起こす原因となります。網膜剥離は、視力低下や視野欠損が生じることもあり、放置すると失明に至る非常に危険な眼の病気です。


網膜円孔を放置すると、穴の部分から硝子体の水分が入り込み、網膜剥離を引き起こします。

網膜円孔の検査方法

網膜円孔の検査方法は、視力検査をしてから眼底の詳しい検査をします。眼底検査は網膜の状態を詳しく調べる検査で、瞳孔を開く散瞳薬を点眼してから行います。散瞳後は、光が眩しく感じる状態が3~6時間程度続きますので、検査直後は車の運転などはできませんが、時間の経過とともに自然に元の状態に戻ります。また、近年では近赤外線を利用した眼底の詳細な検査ができるOCT(光干渉断層計)による検査方法が登場しています。今まで行えなかった網膜の断面を観察することができますので、網膜疾患の精密な診断を容易に行うことができるようになりました。

■OCT検査(光干渉断層計)

OCT検査は、網膜の断面画像を撮影できる検査で、光学顕微鏡に近い精度の画像を得ることができる最新の検査機器です。眼底に近赤外線を当てることにより、反射波を解析して網膜の断層を調べることができる画期的な検査機器です。従来の検査では、網膜を平面的にしか観察できませんでしたが、このOCTの登場により、網膜を断面で観察することが可能となり、網膜のむくみや、出血の範囲・深さ、視神経の状態までも検査することができます。このOCTは、国内でも導入している施設が少ないため、検査を受けられる施設が限られていますが、網膜疾患や緑内障の診断にとても有用で、治療方針の決定や治療の効果、治療の経過について正確な診断を行うことができます。

網膜円孔の治療方法

主な治療方法としては、円孔の周囲をレーザーで焼き固めるレーザー光凝固術があります。この治療法は、それ以上穴が広がることを防ぐとともに、そこから硝子体の水分が網膜の下に入り込むことを防ぎ、網膜剥離への進行を予防します。網膜円孔の治療は、レーザー治療でしっかりと穴の周囲を焼付けることが大切です。また、網膜に薄い部分が見つかった時も、予防的な処置としてレーザー治療を行う場合があります。当院では、網膜円孔を発見したら、患者さんの了解を得て、迅速な治療をすることを心がけています。網膜は、1日で剥がれてしまうことがありますので、病気の進行を抑えるには、早期発見・早期治療が大切です。

高性能レーザー
ビズラスYAGⅢ 532レーザーを導入

当院では、カールツァイスメディテック社製の高性能レーザー「ビズラス YAGⅢ532レーザー」を導入しています。このレーザーシステムは、抜群の精密性と高い視認性を確保し、網膜光凝固術、後発白内障治療、緑内障治療、虹彩切開など様々な治療に対応しています。独自のビームプロファイルとシャープな照射スポットが、角膜に影響を与えずに安全な治療を可能とし、レーザーエネルギーを照射対象に最大限にフォーカスさせることで、治療に必要なエネルギーを最小限に抑えます。ボタンを押すだけで、治療目的に応じたレーザー治療に切り替えることができる高性能コンビ装置を搭載していますので、限られたスペースで使用できるよう設計されています。優れたデザイン性でコンパクトに設計されたレーザーシステムは、治療に必要な十分なスペースを確保するとともに、コントロールパネルでの操作を可能したことで、快適な操作性と正確な治療を実現しています。


失明に至る可能性のある「網膜円孔」
定期的に検査を受けることをお勧めします

網膜円孔は、近視の強い方や中高年の方に多く見受けられます。放置しておくと網膜剥離に発展し、視力低下、視野欠損が生じることがあり、最悪の場合は失明に至ることがあります。そのため、強度近視の方や50代以上の方は、定期的に網膜の検査を受けることをお勧めします。