院長紹介

ごあいさつ

2年間のハーバード大学眼科の留学後、150名の眼科専門医を有する日本最大級の眼科クリニックの最高責任者として自ら10万件以上のレーシック手術を執刀し、さらには最新治療の国際的パイオニアとして数千件の最新老眼治療、最新レーザー白内障手術を行い、100名を超える眼科専門医を雇用する大規模クリニックのトップとして9年間勤務してきました。
自分でも10万症例を超えるレーシック、日本で初めてのカメラ老眼手術、レーザー白内障手術を行い、症例実績も世界でトップクラスの執刀数を誇ります。9年間務めた大規模なクリニックでは、診療責任者に就任し、難しい症例においては、その殆どを担当してきましたので、レーシック、老眼治療、レーザー白内障手術などの屈折矯正手術の分野では、どんな問題でも最善の治療ができる知識と経験があります。ただ、大規模なクリニックでは、1日で非常に多くの人を治療できますが、その人たちの主治医として毎回自分の治療した患者様を診察することができませんでした。大規模のクリニックでは毎回診察する先生が違うというのが通例でしたが、今後はいろんな患者様と直接ふれあい、喜びを共有し悩みを一緒に解決できることを何より嬉しく思います。

この度、銀座に日本初となる最新レーザーを導入し、国内屈指の最新眼科手術、治療センターを開院いたします。当院では一貫した診療体制「主治医制」を導入し、大規模クリニックではできない、皆様との信頼が深められるクリニックを目指しております。角膜疾患だけでなく緑内障や網膜疾患など、眼科全般に対応できる設備がございますので、目に関するどんな相談でもお気軽に当院にお越しください。誠心誠意対応させていただきます。

プロフィール

1998年  愛知医科大学 医学部卒業
1998年 関西医科大学病院 眼科研修医
1999年 関西医科大学 大学院博士課程入学 倉敷中央病院に出向(2年間)
2001年 関西医科大学病院眼科、再生医療移植センター勤務
2003年 関西医科大学大学院卒業 医学博士取得, 日本眼科学会専門医取得
2003年 米国ハーバード大学眼科 フェロー(2年間)
2005年 ハーバード大学スケペンス眼研究所最優秀論文受賞
2005年 150名の眼科専門医を有する日本最大級の眼科クリニック入職
2007年 同クリニック 副院長就任
2008年 同クリニック エグゼクティブメディカルディレクター
(最高診療責任者)に就任
2010年 アメリカ白内障屈折矯正学会(ASCRS):最優秀ポスター賞受賞
2011年 アメリカ眼科学会でレーシック、老眼治療に関するインストラクター
アメリカ白内障屈折矯正学会(ASCRS):角膜手術、屈折矯正手術部門最優勝受賞
2012年 温州医科大学 医学部眼科 客員教授就任
2012年 アメリカ白内障屈折矯正学会(ASCRS):グランドプイラズ(全部門最優勝受賞)
2012年 欧州白内障屈折矯正学会:最優秀ポスター受賞
2013年 アメリカ眼科学会 ベストポスター受賞
2013年 アメリカ眼科学会、国際屈折矯正学会役員理事就任
2014年 冨田実アイクリニック銀座 開設(院長)

所属学会等

・日本眼科学会
・日本眼科手術学会
・日本眼内レンズ屈折矯正学会
・日本角膜学会
・日本コンタクトレンズ学会
・米国眼科学会 役員理事
・米国眼内レンズ屈折矯正学会
・欧州眼内レンズ屈折矯正学会
・国際屈折矯正学会 役員理事
・国際眼科学会 役員理事

副院長紹介

<プロフィール>
1991年 岩手医科大学 医学部 入学
1997年 同学部 卒業
1997年 岩手医科大学 医学研究科 入学
2001年 同研究科 卒業
1997年 岩手医科大学 附属病院
2004年 医療法人社団 光耀会 山本眼科
2006年 二本松眼科病院
2007年 医療法人社団 博美会 神奈川クリニック 眼科
2010年 医療法人社団 東京みどり会
2011年 大手眼科クリニック 東京院
2014年 川口とみた眼科


<所属学会>
・日本眼科学会
・日本眼科手術学会
・日本白内障矯正学会
・日本コンタクトレンズ学会
・日本網膜硝子体学会
・日本抗加齢学会
・米国白内障矯正学会
・欧州白内障矯正学会

医師紹介

<プロフィール>
2006年3月 杏林大学 医学部卒業
2006年4月 日本大学医学部附属板橋病院
2008年8月 慶応義塾大学病院 眼科
2009年6月 鶴見大学歯学部附属病院 眼科
2017年2月 医療法人社団実直会 冨田実アイクリニック銀座


<所属学会>
日本眼科学会

冨田院長が編集員を務める雑誌の紹介

冨田実アイクリニック銀座の冨田院長は現在、多くの国際雑誌で編集員(Editorial Board Member)として活躍中です。

■EYE AND VISION
EYE AND VISIONは、眼科医および専門家のためにレビューされた英文眼科ジャーナル誌である。オリジナル記事、短編リポート、論説、レビューなど目に関するあらゆる情報が盛り込まれています。注目されているトピックに限らず、眼科学、臨床研究、最新機器の開発、診断のテクニック、外科的治療、医療機器、薬品、臨床試験の結果など、幅広い医療情報を発信する本誌は、目の病気だけでなく病態生理学と病因学の進歩についても読むことができます。EYE AND VISIONは、温州医科大学および提携眼科病院によって出版費用がカバーされており、眼科医だけではなく、検査技師、検眼士、研究者、斜視矯正医、および医療に携わる多くの人々に、世界的で革新的なアイデアおよび高度な情報を提供しています。



■Journal of Refractive Surgery : アメリカ眼科学会、国際屈折矯正学会の機関誌
世界の白内障治療、屈折矯正治療、円錐角膜治療、角膜手術などの眼科分野において世界トップ5に入る英文眼科雑誌。
詳しくはこちら



■BMC Ophthalmology
眼科全般を扱う雑誌で世界から多くの評価を得ている。英文の眼科専門雑誌では世界のトップ15位以内には常に入っているほど評価は高い。眼科基礎研究から白内障、屈折矯正、緑内障、網膜硝子体まで様々な分野で高い評価を得ている雑誌である。
詳しくはこちら



■EYE and Vision
最新の眼科分野の研究や治療法をいち早く紹介し、多くの眼科医に貢献している英文眼科雑誌。
詳しくはこちら



■International Journal of Ophthalmic Research
2014年に出版が開始された新しい英文眼科雑誌。眼科全般の最新治療を取り扱っている眼科専門誌。
詳しくはこちら



■BMC Ophthalmology
BMC Ophthalmologyは、雑誌の評価を決めるインパクトファクターが1.5点と眼科関連の専門雑誌としてはトップ10に入るほどの非常に評価レベルが高い眼科英文雑誌です。白内障、網膜疾患、屈折矯正、小児眼科など眼科治療全般が掲載されており、世界の眼科医が治療の参考にするほど注目されている専門誌のひとつです。冨田院長は、白内障と屈折矯正分野において編集委員を務めており、入稿された記事の表かと掲載可否の審査を担当しています。
詳しくはこちら


多焦点レンズの全てを網羅した専門著書が各国を代表する眼科医によって遂に完成されました。

冨田院長は、この著書の執筆に携わった日本人でただ一人の眼科医です。

著書名:Multifocal Intraocular Lenses
著 者:Jorge L. Alio (ジョージ・アリオ)
編 集:Joseph Pikkel(ジョセフ・ピッケル)

この本は、世界各国を代表する総勢25名の眼科医によって完成した、白内障多焦点眼内レンズの全てを網羅した専門著書です。この本には、現在使用されている多焦点レンズが全て掲載されており、各レンズについての臨床データや研究成果がとても詳細に紹介されています。著者であるジョージ・アリオ教授は、「この本に記されている知識は、すべての白内障患者様により良い治療を提供するための道しるべとなるでしょう」と、執筆に協力された各国の代表者に対して、その内容を高く評価しています。
世界各国の眼科学会において積極的に参加する冨田院長は、世界の著名な眼科医とともに、日本人でただ一人この著書の執筆に参加しています。自らも白内障を専門分野としており、最先端の白内障手術を牽引する医師の一人として、世界中から高く評価されています。


著書名「40代からのレーシックで視力回復」

小柳ルミ子さんがナビゲーターをつとめ、視力回復手術レーシックからカメラインレーによる老眼治療までを冨田院長が解説しています。アンチエイジング志向が高まる近年、いつまでも若々しくいたいという方に向け、老眼治療の第一人者が著した本書は、老眼治療を検討している方にとって、とても参考になる一冊です。
また、レーシック手術の歴史や目の仕組み、様々な治療方法などについてもわかりやすく紹介していますので、とても分りやすく、治療に役立つ情報が盛り込まれています。


「週刊新潮ゴールデンウィーク特大号」に紹介されました。

週刊新潮ゴールデンウィーク特大号(4月27日発売)
「注目の名医スペシャルインタビュー」に紹介されました。

10万症例以上の執刀を手掛けてきた白内障および屈折矯正手術のスペシャリストとして冨田院長が紹介され、最新のレーザー白内障手術や最先端の屈折矯正手術についてインタビューに答えています。

↑ 画像をクリックして拡大できます。 ↑


「全国の頼れるドクター 2015-16」に紹介されました。

レーザー白内障手術や多種類の老眼治療を選択できる
クリニックとして紹介されました

当院では、レーザー白内障手術や多種類の多焦点レンズや角膜インレー、老眼治療など、目に優しく質の高い治療を提供しております。

↑ 画像をクリックして拡大できます。 ↑

<レーザー白内障治療>

白内障の手術は、水晶体を包んでいる薄い膜(水晶体嚢)を丸く切開して濁った水晶体を取り出し、人工の水晶体(眼内レンズ)に入れ替えるというもので、このこと自体は20年前から変わっていません。
つまり、すでに確立された手術法といえますが、切開の方法や、眼内レンズの機能が大きく進歩した結果、視力回復の程度も向上しています。

白内障治療でレーザー手術と
多焦点眼内レンズを選ぶ人が増加

現在日本で一般的に行われている白内障手術は、焦点が1カ所だけ合う単焦点レンズを用いたものですが、最近では、遠近、遠中近両用といった多焦点レンズを選択する方が増えています。

<選ばれる理由その1>
多焦点レンズは健康保険の適応外ですが、術後に眼鏡を使う必要がなくなるという大きなメリットがあります。眼内レンズは単焦点のものから発展し、遠近の2焦点、遠中近の3焦点、さらには遠距離と中距離、中距離と近距離の間にも焦点が合うものが開発され、より自然で質の高い見え方を提供できるようになりました。その結果、網膜の老化度など患者様の目の状態にもよりますが、視力は近距離で1.0、遠距離で1.5程度まで回復できます。レーザー白内障手術の登場により、この多焦点眼内レンズの位置設定がより正確に行えるようになり、多焦点眼内レンズの成績をより向上させることができるようになりました。

<選ばれる理由その2>
リスクの生じる行程をレーザーで行い安全性が向上
白内障の手術は、わずか5mmほどの空間で繊細な作業を行うため、実はかなり高度な技術を要します。
特に難しいのは、水晶体嚢の切開や水晶体の破砕、乳化吸引ですが、レーザーで前処理を行うことで、眼内での処置や超音波発射量が格段に減少し、より安全な手術を行うことができるようになりました。従来なら、医師が手作業(フリーハンド)で行う水晶体嚢の切開や、眼内で水晶体除去をする行程をコンピューター制御されたレーザーを用いいることにより、正確性と安全性が格段に向上したのです。

<老眼治療>

目の状態や生活スタイルを考慮した3つの治療法
白内障ではないけれども、老眼で不便を感じているという方には、「角膜インレー」「遠近両用レーシック」「老眼用フェイキックIOL(有水晶体眼内レンズ)」という3つの選択肢を用意しております。


■角膜インレー
角膜インレーは、髪の毛より薄い厚さ5μmのリング状のフィルムを角膜に入れる治療法で、ピンホール効果によって近方視力を回復させます。


■遠近両用レーシック
遠近両用レーシックは、遠視、近視、乱視老眼を同時に治療できます。8次元で目を追いかける装置や低エネルギーのレーザーを用いて手術を行います。手術時間も両眼で5分程度と短く、痛みもありません。


■フェイキックIOL
フェイキックIOLは、眼内コンタクトレンズともよばれ、遠近両用の柔らかい眼内コンタクトレンズを、水晶体と瞳孔を調節する虹彩との間に挿入する方法で、角膜を削らずにすむことがメリットで、いつでも取り除けます。

このように当院では多くの白内障、老眼の治療法を選択していただけます。どの治療が適切かは、その方の目の状態や生活スタイルによって異なるので、患者様とよく話し合いながら決めていきます。

<海外の新しい治療を時間差なく日本にも導入>

日本の保険診療は、多くの人が一定レベルの医療を少ない自己負担で受けられるものの、新しい治療法の導入が遅れがちになることは否めません。多焦点眼内レンズに関しては、日本では遠近両用レンズが主流ですが、ヨーロッパでは遠中近の3焦点レンズが主流になり初めています。また、多くの選択しを用意して患者様のライフスタイルに合った治療法や眼内レンズを提案しています。早い速度で進歩している白内障や老眼の治療を、時間差なく取り入れ、患者様に提供していく事が大切だと考えています。
また、患者様の安心のために完全主治医性をとり、初診から術後の定期検診まで全員を冨田院長が診療しております。
より質の高い生活を求めるのは人間として当然のことです。患者様のライフスタイルを重視し、見え方の質の向上と、安全性の確保を両立させた治療を追求しています。

掲載メディア

当院の冨田院長が「新名医の最新治療2015」に紹介されました。
2014年6月に「冨田実アイクリニック銀座」をOPENした冨田院長。最新の機器を導入して最先端の治療を数多くの患者様に提供している。
今号では、現在、世界的にも最も注目されている「レーザー白内障手術」や手術後のメガネの使用頻度を激減させる「多焦点レンズ」をメインに紹介している。冨田院長は、2014年にシカゴで開催されたアメリカ眼科学会にて、レーザー白内障手術、老眼治療などをテーマに招待講演の依頼を受け、日本人で初めて「プレジデンシャル・アワード」を受賞。また、アメリカ眼科学会から日本人医師のトップ3に選出されるなど世界的に活躍しています。
この度の「新名医の最新治療2015」に紹介されたレーザー白内障手術や老眼治療は冨田院長の専門分野のひとつです。目に関することなら、何でもご相談ください。


<掲載内容>
冨田実アイクリニック銀座
最新機器による白内障治療と選択肢の多い老眼治療

眼内レンズのポテンシャルを引き出すレーザー白内障手術
冨田実院長は、2014年にシカゴで行われたアメリカ眼科学会(AAO)より、レーザー白内障手術、老眼治療などをテーマに招待講演を依頼され、プレジデンシャル・アワード(会長賞)を受賞。
また、白内障・屈折矯正に関する権威のある国際専門誌「Journal of Refrac-tive Surgery」(ジャーナル・オブ・リフラクティブ・サージャリー)の編集委員をつとめる他、アメリカ眼科学会が認める3名の日本人リーダーの1名に選抜されるなど国内外で活躍している。
白内障手術に対しては、手術後のメガネの使用頻度の減少を期待できる多焦点眼内レンズを選択できる。近年では近方・遠方に加え、中間距離にも焦点が合うレンズも登場し、手術後は30代の水準までの回復を期待できる。
「当院では、最新のレーザー白内障装置を導入して、リスクを伴う全ての手術行程を自動で行うことができます。これにより、眼への負担を抑え、レンズを正確な位置に収めることが容易になりました」と冨田院長は話す。

同院の老眼治療は、その選択肢の多さに特徴がある。「世界47カ国で行われている老眼治療『カメラインレー』、レーシックと同様の方法を用いた『遠近両用レーシック』、遠近両用の眼内レンズを挿入する『遠近両用フェイキック』の3つの最新治療を採用し、患者様一人ひとりに合わせた老眼治療を提供しています」

掲載メディア

当院院長が「新名医の最新治療法」に紹介されました。
屈折矯正、老眼治療、レーザー白内障手術など最新医療に積極的に取り組んでいる冨田実院長!その活躍は、日本国内だけではなく海外の権威ある眼科学会においても世界一を受賞するなど、多くの功績を残しています。
2014年度も、レーザーを開発する海外の2大メーカーから世界一の執刀医として表彰されるなど、今もなお輝かしい実績を積み重ね、多くの方々に最高の治療を提供するために、世界的な活躍を続けています。

掲載メディア

冨田院長が新聞の医療連載特集「おしえてドクター」に紹介されました。
白内障手術は、従来の単焦点レンズから、近くも遠くもピントが合う多焦点レンズが登場し、手術後の生活が大きく変わりました。単焦点レンズでは、手術後も必ずメガネが必要でしたが、
多焦点レンズは、手術後のメガネの使用頻度を大幅に減らすことが出来ます。
また、最新のレンズとして、近方・遠方に加えて中間距離にも焦点が合う「トリフォーカルレンズ」が開発され、白内障手術も新たな時代を迎えています。
また、手術手技も医師のフリーハンドによるマニュアル手術から、安全性・正確性が格段に向上したレーザー白内障手術が登場し、世界中の注目を集めています。
日本で初めてレーザー白内障手術を執刀した冨田院長が、最先端の白内障手術の第一人者として、新聞に紹介されました。