LASIK(レーシック)

8次元アマリス 1050 Zレーシック

8次元アマリス1050 Z8レーシック

オーダーメイド 8次元アマリス1050 Z8レーシック【高解像シリウス使用】

LASIK(レーシック)

世界最高峰のレーザーが「目に優しいレーシック」を実現!


冨田実院長が共同開発した最新鋭のレーザー
「FEMTO LDV Z8」&「8D AMARIS 1050RS」

10万症例以上の執刀経験があり、アメリカ眼科学会・国際屈折矯正学会から世界の屈折矯正手術の第一人者に選ばれた冨田実院長は、自らのクリニックをOPENするにあたり、選択したレーザーは、8D AMARIS 1050RS(シュウィンド社:ドイツ)とFEMTO LDV Z8(ジーマー社:スイス)である。
2014年6月に登場したFEMTO LDV Z8は、前作を遥かに凌ぐ機能を搭載し、あらゆる手術に対応した最高傑作と言えます。前作からの「目に優しい手術」を受け継ぎ、更に進化したZ8は、世界中から注目を集めるジーマー社のシリーズ最新作である。
この開発に初期から携わり、その進化に臨床の現場から医学的アドバイザーとして参画してきた冨田院長は、その性能を誰よりも熟知しています。
また、8D AMARIS 1050RSは、世界最高峰の8次元アイトラッカーを搭載しています。
前作の7次元から8次元へと進化したアイトラッカーは、微細な眼の動きを感知する新たな機能が盛り込まれ、更に手術の正確性を向上させています。世界最速の照射スピードが手術のリスクと負担を軽減し、最新型Z8との組み合わせは、まさに今考えられる最高のレーシック手術を提供することができると言えます。患者様のために最高のレーザーを選択した冨田院長は、今後もレーザーの開発には惜しみなく尽力していきたい考えです。

最先端のレーシック「メスを使わないオールレーザーレーシック」

LDVシリーズ最高傑作
「FEMTO LDV Z8」日本初導入!

イントラレーシック/アイレーシックから「Zレーシック」の時代へ

FEMTO LDVは、ジーマー社(スイス)が開発したフェムトセカンドレーザーで、その最新作として「FEMTO LVD Z8」が2014年6月に登場しました。
冨田実アイクリニック銀座では、この最新作を国内で初めて導入し、更に進化した眼に優しい手術を提供しています。この「FEMTO LVD」シリーズには、手術による角膜へのダメージを軽減、術後の炎症リスクの抑制、術後の早期回復といった多くのメリットがあります。須臾津の正確性だけではなく、眼に優しい手術という大きな付加価値が、Zレーシックの時代の到来告げた最大の理由です。
この効果については、アメリカ眼科学会においても報告されており、従来機と比較してとても優秀な結果を残していることが証明されています。

眼に優しい手術を進化させた「FEMTO LVD Z8」の性能

照射エネルギーの抑制が、フラップ作成時のダメージを軽減!

当院で導入したシリーズ最新作となる「FEMTO LDV Z8」は、他のレーザーと比較してフラップ作成時の照射エネルギーが低く、手術による角膜へのダメージを大幅に抑えることができます。従来のフェムトセカンドレーザーと比較すると、照射エネルギーは約15分の1にまで抑えられています。また、レーザー1発のパルスが世界最小にまで改良されたことで、より精密で質の高いレーシック手術を提供することができます。

  • 従来機 フェムトセカンドレーザーの性能表示
    従来機は、照射エネルギーが高く、FEMTO LDV Z8と比較すると15倍の照射エネルギーとなっています。また、レーザーの照射スポットも大きく、角膜組織へのダメージが、炎症を引き起こす原因の1つとなっています。
  • 最新機種 FEMTO LDV Z8の性能表示
    シリーズ最上位機種のFEMTO LDV Z8の照射エネルギーは、従来機の15分の1にまで毛雄減されています。また、世界最小の照射スポットが、角膜組織へのダメージを大幅に軽減し、炎症の抑制・早期回復を実現しています。


世界最小の照射スポットがダメージのない滑らかなフラップ作成を実現!

精密なレーザー照射で最高水準のフラップを作成

当院で導入したシリーズ最新作となる「FEMTO LDV Z8」は、他のレーザーと比較してフラップ作成時の照射エネルギーが低く、手術による角膜へのダメージを大幅に抑えることができます。従来のフェムトセカンドレーザーと比較すると、照射エネルギーは約50分の1にまで抑えられています。また、レーザー1発のパルスが世界最小にまで改良されたことで、より精密で質の高いレーシック手術を提供することができます。


照射スポットが大きいためスポット間に隙間が生じます。この隙間の部分は、完全に切れていないため、フラップを開く際に引き剥がすような力を必要としますので、角膜組織へのダメージが生じます。


FEMTO LDV Z8
照射スポットがより小さく、90%重なって照射されますので、スポット間に隙間が生じません。また、世界一精密な照射スポットが角膜組織へのダメージを一層軽減し、最高水準のフラップを作成します。


FEMTO LDV Z8に搭載された最新機能
究極のカスタマイズフラップを実現した「リアルタイムOCT機能」

理想的なポジションにフラップを作成するために開発されたOCT機能は、フラップ作成の安全性を極限まで向上させました。実際に執刀医が角膜の断面を確認することで、個々の角膜状態に合わせたベストなポジションにフラップを作成することができます。従来の手術では、単純に作成するフラップ厚の数値だけでレーザーを照射していましたが、最新のOCT機能を搭載した“FEMTO LDV Z8”は、理想のポジションを執刀医が実際に確認してからフラップを作成します。5層から構成される角膜を断面で確認することができるOCT機能は、究極のカスタマイズフラップの作成を可能にしました。

フラップは、ボーマン膜から30マイクロメートル下の部分に作成することが最も理想的です。
しかし、角膜の厚みは人によって異なり、単純に平均的な厚みのフラップを作成するだけでは、最適な位置にフラップを作成したとは言えませんでした。“FEMTO LDV Z8”に搭載されたOCT機能は、実際の角膜の断面を確認しながら手術ができますので、理想のポジションにフラップを作成することができます。


設定単位の進化が誤差のないフラップ作成を実現!

20倍にまで高められた誤差の無い理想のフラップを作成

眼に優しい手術として定着した「Z-LASIK」は、世代を経てその性能をバージョンアップさせてきました。シリーズ最新作のFEMTO LDV Z8は、ナノ単位でのエネルギー設定に改良されたことで、設定値との誤差範囲が±1μm という領域にまで高められています。従来機種と比較すると1000分の1の単位での設定が出来るようになり、20倍の正確性を実現したことで、限りなく角膜を残すことができるようになりました。


20倍にまで高められたFEMTO LDV Z8の正確性は、ヨーロッパ白内障・屈折矯正学会でも報告されており、世界各国を代表する著名な眼科医からもから高い評価を得ています。


FEMTO LDV Z8で改良されたフラップエッジ
立体的に作成されたフラップエッジが手術後の角膜強度を維持!

FEMTO LDV Z8は、フラップのエッジ部分を立体的に作成することができます。フラップエッジの角度を①~③のように様々な角度で鋭角に調整できるため、フラップを戻した際の収まりが非常に良好です。これによって、フラップ強度の維持・術後の合併症の抑制により効果を発揮します。


ダメージの抑制が、手術後の早期回復を実現!

レーザー照射による角膜組織へのダメージが見え方の質に影響!

レーザーの照射エネルギーが大きいと、角膜組織へのダメージが大きくなります。レーザー照射によって生じた角膜組織へのダメージは手術後に光を眩しく感じる原因となり、手術後の見え方にも影響を及ぼします。FEMTO LDV Z8は、角膜組織へのダメージは殆ど確認できませんが、従来機でのフラップ作成では、角膜組織へのダメージがはっきりと確認できます。

  • 照射エネルギーが高いことによって、ダメージを受けた組織(黄色の部分)を確認することができます。この不均等な断面に光が乱反射することで、手術後に眩しく感じる症状が起こります。
  • 照射エネルギーが低いため、従来のレーザーと比較すると破壊された組織は、殆ど確認できません。このダメージの抑制が、手術後に眩しく感じる症状の軽減に大きな役割を果たします。




「目に優しい手術の証明」正常な組織構造が術後の早期回復を実現!

レーザーの照射エネルギーが高く、照射スポットが大きいことで、フラップ作成からフラップを開くまでの工程で、角膜組織に大きなダメージが生じます。電子顕微鏡で見た角膜組織を比較すると、FEMTO LDV Z8は従来機種に比べて正常な組織構造(線維組織)を保っていることが確認できます。正常な組織構造が残っていることは、「目に優しい手術」の証明でもあり、手術後の早期回復に大きな役割を果たします。

  • 従来のレーザーは、照射エネルギーが高いため、組織にダメージが生じます。電子顕微鏡で拡大して見ると、一見滑らかに見えるフラップの表面は、ダメージによって正常な組織構造が保たれていないことが確認できます。
  • FEMTO LDV Z8は、最も照射エネルギーが低いため、ダメージが非常に少ないことが特徴です。電子顕微鏡で拡大して見ても、より正常な組織構造を保っていることが確認できます。


世界初の8次元アイトラッカーを搭載した最新世代エキシマレーザー

最新世代エキシマレーザー
「8DAMARIS 1050RS」日本初導入!

正確性と安全性が向上した最上位機種「8D AMARIS 1050RS」

アマリスは、ドイツのシュウィンド社が誇るエキシマレーザーで、その最新モデルが「8Dアマリス1050RS」です。アマリスは、数あるエキシマレーザーの中でも、全てにおいて性能が優れており、世界中の眼科医からも高い評価を得ています。
8Dアマリス1050RSには、前作の7次元アイトラッカーが更にバージョンアップされ、世界初の8次元アイトラッカーを搭載しています。大半のエキシマレーザーは縦軸と横軸の平面的な2次元(2方向)の目の動きにしか対応していませんが、アマリスは目の傾きや旋回、回転など立体的な動きにも対応しており、8次元(8方向)で目の動きを追尾してレーザーを照射することができます。また、1秒間に1050発のレーザーショットを実現した世界最速の照射スピードは、他のエキシマレーザーの1秒間に10~20発のレーザーショット数と比較すると格段に優れており、手術時間の大幅な短縮を実現しています。加えて、レーシック手術の安全性を向上させたクロスリンキングシステムも搭載され、まさに最新世代のエキシマレーザーと呼ぶにふさわしい性能を備えています。2014年に新たに登場したシリーズ最上位機種が冨田実アイクリニック銀座に日本初導入です。


最新世代エキシマレーザー「8D AMARIS 1050RS」の性能

正確性を極めた世界初の「8次元アイトラッカー」

従来のエキシマレーザーは、2次元のアイトラッカーしか搭載されていないため、平面的な動き(2次元)しか捉えられませんでした。しかし、眼は球体のため、平面的な動きだけではなく、様々な立体的な動きをします。レーシックの手術中も緊張などが原因で眼は動きます。そのため、正確なレーザー照射を行うには、様々な立体的な眼の動きを捉えることが必要です。8D アマリス1050RSの最新8次元アイトラッカーは、平面的・立体的なあらゆる眼の動きを瞬時に察知し、更に照明条件の違いによる瞳孔中心の移動までも正確に追尾・捕捉します。


正確なレーザー照射には8次元アイトラッカーが不可欠!


眼の立体的な動きに対応した
「8Dアマリス1050RS」だけができる正確なレーシック

エキシマレーザーに搭載されているアイトラッカーの基本性能は、瞳孔の中心を認識し、それを基準に手術中の眼の動きを追尾します。図1のように、真っ直ぐに上を見た状態で中心を合わせても、手術中に眼が動いてしまうと図2のように瞳孔の中心位置も移動します。従来の2次元アイトラッカーでは、眼の動きを平面(2次元)の動きとしてしか認識しないため、図2のように眼が傾いた場合は、①を正しい位置として認識してしまい、照射位置がズレることになります。8Dアマリス1050RSの最新8次元アイトラッカーは、手術中の動きを瞬時に察知し、あらゆる眼の動きを立体的に認識しますので、②の正確な位置を補足し、正確な位置へのレーザー照射を実現しています。

8Dアマリス1050RSが捕えた実際の手術中の眼の動き!
←手術中もこれだけ眼が
動いています!

左の図は、手術中の眼の動きを追尾したアマリスの追尾記録データです。レーザーを照射する前に縦横の赤いラインが交差した中心に目の中心を合わせますが、手術中も緊張などによって眼は自然と動いています。この複雑な動きを認識して、正確な位置にレーザーを照射できるのはアマリスだけです。

※実際の眼の動きを追尾したアマリスの追尾記録データより


角膜への熱ダメージを抑制するサーモコントロール照射

熱ダメージを抑える眼に優しいレーザー照射を実現!
エキシマレーザー照射時には、角膜の温度が上昇します。
8Dアマリス1050RSは、超高速で照射されるレーザーが同じ所に重ならないように、レーザーショットのポジションを正確に制御するシステムが搭載されています。これによって、手術中の角膜温度の上昇を防止し、角膜への熱ダメージを最小限に抑えます。




世界最速のレーザー照射スピードを実現した2段階照射システム

手術のリスクと患者様の負担を軽減する超高速照射
世界最速の照射スピードを誇る 8D アマリス 1050RSは、最初の80%を強いレーザー照射で角膜を大きく削ります。そして、残りの20%は緻密なレーザー照射で理想の角膜形状に整えていきます。この2段階の照射プログラムが、世界最速の照射ピードを実現しています。手術時間の短縮は、手術のリスク軽減するだけではなく、患者様の負担をも軽減する大きな役割を果たしています。



高い安全性を実現した「リアルタイム・パキメトリー機能」を搭載

照射中の角膜状態を執刀医が確認できる
最新機能

8Dアマリス1050RSには、レーザー照射中の角膜状態の変化をリアルタイムで確認できる「リアルタイム・パキメトリー機能」が搭載されています。執刀医が角膜を切除する状況をリアルタイムで確認しながら手術を行えるため非常に安全性の高い手術を可能としています。




手術後の高次収差(不正乱視)を増加させない
照射プログラム「アベレーションフリー」

個々の自然な見え方の質を大切にするアマリスの照射プログラム
レーシックは、角膜を削って視力を矯正するため、手術後に高次収差(不正乱視)が増加することがあります。アマリスは、「Aberration free」という術後に高次収差(不正乱視)を増加させない照射プログラムを採用しています。人は、今までの生活の中での見え方に慣れ親しんでおり、その見え方がその人にとって長年慣れ親しんだ自然な見え方になります。
アマリスの照射プログラム「アベレーションフリー」は、一人ひとりが本来持っている自然な見え方の質を保ちながら、視力を向上させる最先端の照射プログラムとして世界的にも注目されています。従来のエキシマレーザーにも術後の高次収差を抑えるプログラムがありましたが、アマリスの照射プログラム「アベレーションフリー」は、より強力に術後の高次収差(不正乱視)の増加を防ぎます。




高次収差(不正乱視)が増加すると見え方の質が低下する
  • 高次収差(不正乱視)の増加が少ない場合
  • 高次収差(不正乱視)の増加が多い場合




高次収差(不正乱視)の抑制は見え方の質を向上させます
  • 正常な夜間の見え方
  • 光がにじんで見えるハロー状態
  • 光がギラついて見えるグレア状態

高次収差が増加すると、夜間に眩しく感じることがありました。光が散乱してにじんだり、二重に見えたりすることもあり、夜間の運転がしづらくなることもありましたが、アマリスの「アベレーションフリー」は見え方の質を改善し、正常な視力を提供します。


レーシックの適応検査

詳細な検査を受けていただきます

まずは、レーシックを受ける前に適応検査を受けていただきます。何種類もの検査機器を使って目の状態を徹底的に検査します。この検査では、レーシック手術に適しているかを調べるための検査です。検査の結果によっては、レーシックをお勧めしない場合があります。


適応診察・執刀医との相談

検査後は、詳細な検査データをもとに冨田院長自らが診察を行います。ここでは、他の眼疾患がないか確認し、レーシックを受けるにあたって問題がなければ、手術についての詳しい説明をします。また、患者様の不安やご相談にもしっかりと対応させていただきますので、何でもご相談下さい。


コンタクトレンズをご使用の方は、適応検査前に装用を中止していただく必要があります。
適応検査前のコンタクトレンズ使用制限についてはこちら


レーシック手術の適応について

レーシックに適している方

検査・診察の結果、目の状態に問題がなければ手術は適応となります。
●メガネやコンタクトレンズを煩わしいと感じている方
●近視・遠視・乱視でお悩みの方
●職業上、裸眼視力が必要な方(スポーツ選手・モデルなど)
●体質などでコンタクトが使用できない方


レーシックが適応とならない方

検査・診察の結果、レーシック手術をお勧めできない場合があります。レーシック手術が適さない方は、
全体の10%程度いらっしゃいますが、主に以下のような理由があげられます。
●角膜の厚さが一定以上ない方
●白内障や緑内障、網膜剥離など他の眼疾患が認められる方
●18歳以下の未成年の方
●妊娠中の方

視力回復にはレーシック以外にも、角膜を削らないフェイキックによる視力回復というという選択肢があります。
フェイキック(眼内コンタクトレンズ)ついてはこちら


レーシック手術の流れ

手術当日の検査

手術当日は、ご手術の前に直前検査を行います。適応検査で得たデータと大幅な誤差がないかを最終的に確認します。これは、より安全に手術を受けていただくために行っている検査です。万一、検査データに誤差が認められた場合は、手術当日であっても手術を延期もしくは中止する場合があります。


レーシック手術の流れ

手術直前の検査で問題がなければ、手術室へご案内します。手術室はクリーンルームを完備していますので、清潔な環境で安心して手術を受けていただけます。もちろん、診察から執刀、手術後の検診まで冨田院長が全て担当します。

点眼麻酔

局所麻酔薬を点眼します。
※点眼直後は、少し沁みる感じを受ける方もいらっしゃいます。


フラップ作成

手術では、フェムトセカンドレーザーでフラップと呼ばれるフタを作ります。当院では、シリーズ最新作となるFEMTO LDV Z8を使用して正確で目に優しい手術を行います。


屈折矯正

次の段階では、フラップをめくってエキシマレーザーを照射して屈折異常を矯正します。当院で使用する8Dアマリス1050RSをは、どんな目の動きにも対応出来る8次元アイトラッカーを搭載しています。また、世界最速の照射スピードで、手術はほんの数秒で終了します。


手術終了

最後に消毒して手術は終了です。


安静室・術後の診察

手術後は20分程度安静室で目を休めていただきます。その後、医師の診察を受けていただき、特に問題がなければ、そのままご帰宅いただけます。


レーシック手術のアフターケア

術後の定期検診

視力はレーシック手術終了後から回復しますが、クリアな視界を実感していただくのは翌朝になるかと思います。手術後は目の状態が不安定なため、しっかりとした経過観察が必要です。手術後のケアは、手術と同じくらい重要ですので定期検診をしっかり受診してください。

<手術後の定期検診スケジュール>

※目の状態によっては、上記以外にも受診していただく場合がありますが、医師の指示に従って受診してください。

手術後1週間程度は目を強くこすらない、テレビやパソコンは目が疲れない程度にとどめる、運動を避けるなどの配慮が必要です。1週間もすれば日常の行動に制限のない元の生活に戻ることが出来ます。


レーシック手術の注意点

レーシック手術による主な合併症

レーシック手術は、眼科治療の中でも最も良い手術といえます。ただし、手術前の眼の状態に 個人差があるように、手術後の症状にも個人差がります。もちろんレーシックが適していない方には手術をお勧めしませんが、手術後に「ハロー」「グレア」「ドライアイ」などの合併症が起こるリスクは少なからずあります。そういったレーシックのリスクについても理解した点で受けましょう。ご不明な点がありましたら主治医までご相談ください。

<ハロー・グレア>

手術後は、暗い所での光が眩しく感じる場合があります。街頭や車のライトなどの光の周囲に光の輪のようなものが見えるのがハロー(光輪症)、光がギラギラと見えるのがグレア(光輝)です。症状には個人差がありますが、ほとんどの場合、症状は数ヶ月で改善されます。


<ドライアイ>

手術直後は、フラップを作成したことにより一時的に神経が遮断され、眼が乾燥しやすい状態になります。眼の乾きが気になる場合は処方された乾燥防止の点眼薬を使用してください。


手術後の合併症につては、個人差がありますので、上記のような症状を感じる方もいれば、まったく症状が出ない方もいます。短期的に見るとドライアイやハロー・グレアなどの症状が出ることがりますが、長期的なリスクは以前に比べて格段に少なくなっています。これらの症状は、ほとんどが数ヶ月程度で改善されます。


レーシック手術の費用について

レーシック手術は、自費診療となるため健康保険が適用されないため、クリニックによって手術料金にかなり差があります。日本国内のレーシック手術の相場は、約20〜30万円が適切な価格帯と思われますが、クリニックによっては50万円以上のところもあります。また、レーシック手術に複数のオプション治療を組み合わせてパックプランやセットプランにして高額な料金設定をしているところがあります。特に、非常に安価な価格表示で患者様を集め、来院後に高額なプランを勧めるクリニックもありますので、注意が必要です。ホームページ等に、しっかりと価格や手術プランが表示されていて、患者様が事前に価格帯を確認できるクリニックを選びましょう。もちろん、費用面だけではなく、執刀医の実績やアフターケアなどについても、しっかりと吟味していただくことをお勧めします。

レーシック手術がお得に受けられる!?

医療費控除について
レーシックの手術は、医療費控除の対象となることがあります。医療費控除とは大まかに説明すると、1年に10万円以上の医療費がかかった場合にその一部が戻ってくる制度のことです。控除を受けるためには所轄税務署で確定申告を行う必要があります。医療費の支出を証明する領収書は、確定申告書に添付しましょう。詳しくは所轄の税務署にご相談ください。

手術給付金について
一般の生命保険に加入している場合は、手術給付金がもらえることがあります。ご加入されている保険会社にもよりますが、大体5万円~10万円前後の給付金が支給されます。詳しくは、ご加入の保険会社にご確認ください。

レーシック手術を安全に受けるために

レーシックには、良い評判も悪い評判もあります。しかし、一部の無責任なニュース報道やインターネット上での情報錯乱などが原因で、正確な情報が得られないことが問題です。数年前に起きたレーシックの感染症事件も、あたかもレーシックが危険であるといった報道がなされましたが、医療器具を使い回ししたことが原因です。起きるべくして起きた事件であり、レーシックの安全性とは全く関係ありませんでした。レーシックは、数ある外科的手術の中でも最も安全で成功率の高い手術であると言えます。「充実した設備」「高度な経験と技術」「信頼できるクリニック」であれば、手術に失敗する可能性はほぼ0であるといえます。残念ながらまったくリスクがないというわけにはいきませんが、それはレーシックに限らずどんな手術にも当てはまることです。短期的にはドライアイやグレアなどの症状が出ることがありますが、長期的な症状が出るリスクは以前に比べれば格段に少なくなっており、クリニック側の努力によって十分に防ぐことが出来ます。

クリニック選びで注意する点!

●安い価格で来院すると高額なプランを勧めてくる
●誰が自分の主治医なのかが解らない
●毎回のように担当の医師が変わる
●毎回のように医師の診断が違う
●自分に必要な治療なのかが不明である
●知人や家族を紹介すると高額な謝礼がもらえる
●院長が診療を一切行っていない
●院長が眼科専門医ではないクリニック
●診察・手術・術後のケアが分業制のクリニック

詳しいクリニック選びのポイントはこちら


レーシックを受ける際にはその費用だけでなく、アフターケアの充実度や衛生管理なども総合的に見て、治療を受けるクリニックを見つけるようにしましょう。 手術前から手術後まで主治医が一貫して診療を行い、あなたの目を見てくれるクリニックがベストといえるでしょう。


クリニックの診療体制の比較

チェーンクリニックとの比較

レーシックを専門とする大手のチェーンクリニックでは、一度に多くの方を治療できるというメリットはありますが、その反面では、医療の分業制や、不親切な価格表示など診療体制の問題が指摘されています。実際に大手チェーンクリニックと比較してみると、レーシック手術に対して不安を感じる要素が多く見受けられます。

大手チェーンクリニック
術前・手術・術後が「分業体制」での診療
担当する医師が毎回違うことで起きる問題点

診療責任の所在が明確でない
誰が自分の主治医なのかが解らない(主治医がいない)
担当医が毎回違うと、毎回のように診察の見解が違ってくる
実際に自分がどんな状態なのか判断がしづらい

執刀医とのコミュニケーション不足による問題点

手術室に入るまで、自分の執刀医が誰なのか解らない
手術前に執刀医と治療についての相談が出来ない
万が一、問題が起きた場合を考えると不安である
自分の執刀医の実績や経験が確認できないので不安

手術プランにセットやパックがあることでの問題点

診療にセットプランやパックプランがあることに疑問である
自分にとってどういった治療が本当に必要なのか不明である

料金体系が不明確であるための問題点

ホームページには安いプランがメインに表示されている
いきなり高額なプランを勧められることがある
来院してから予算的に困ることがある
診療体制、料金表示が不明確で、他人にも紹介しづらい


冨田実アイクリニック銀座
術前・手術・術後まで「完全主治医制」での診療
担当する医師が毎回同じことで起きるメリット

診療責任の所在が明確である
誰が自分の主治医なのかが明確である
担当医がいつも同じなので診断に一貫性がある
同じ医師が担当してくれるので説明が解りやすい

執刀医とコミュニケーションが取れるメリット

自分の執刀医が誰なのか、手術の前から確認できる
手術前に執刀医と治療についてしっかり相談できる
万が一、問題が起きても、安心して受診することができる
自分の執刀医の実績や経験が確認できるので安心

手術プランが明確に設定されているメリット

セットプランなどがなく治療項目が明確である
自分にとってどういった治療が本当に必要なのか明確である

料金体系が明確であるメリット

ホームページには実際に提供しているプランが表示されている
いきなり高額なプランを勧められることはない
費用が明確で予算を組みやすく安心できる
診療体制、料金表示が明確なため、他人にも紹介できる


当院は安心の完全主治医制です!

冨田実アイクリニック銀座では、「完全主治医制」で診療を行っていますので、術前の診察から手術、術後のケアまで、冨田院長が一貫して診療を行います。
冨田院長は、白内障手術・屈折矯正手術が専門分野でもあり、10万症例以上の執刀実績があります。また、アメリカ眼科学会から日本人医師のトップ3にも選出されるほどの実績と経験がありますので、安心して手術を受けていただくことができます。